7月31日 ドル円急上昇の犯人〜相場解説

2020年7月31日ドル円チャート 相場予想
2020年7月31日ドル円チャート

こんにちは、Adamです!

先週は、ドル円 107円から一気に下げて104円台前半まで落ちていきましたね!!いやぁ〜ずっと小動きでしたので、数日間連続の下落でちょっとびっくりしました。。でもようやく方向感が出てきた感じですね♪(動きがないと利益はとれないですから)

そんな下げ相場のなか、週最後の金曜日に急なドル高がみられました。

本日はそのドル円急上昇の背景について、市場の動きをレビューしつつ、今回の急上昇の犯人探しをしていこうと思いますw

まずはドル円のチャートから見ていきます。

2020年7月31日ドル円チャート
2020年7月31日ドル円チャート

104.2円からおよそ1%程度の上昇を見せています。(”急上昇”って言うほどではないですね・・w)

そんなか、当時、円とドルそれぞれの指数をみていました。

左の円指数JXYは、上昇していたものが急な下落への傾向変化がみられていますが、ドル指数DXYのほうは、1週間ずっと変わらず下落のまま。

2020年7月31日 DXY JXY インデックス指数
2020年7月31日 DXY JXY インデックス指数

ドル円が上がる円が下がる(円安) or ドルが上がる (ドル高)なので。

今回ドルDXYは上がっていなかったので、これまで下がり続けてきたドル円相場が急上昇し始めた際の、犯人円の下落トレンド変更にありそうです。

さらに、機関投資家円のポジション量をみてみますと、(参照元:オーリーチャンネル)

やはり円の買いポジションがかなり溜まってきている状況

日本円機関投資家NETポジション byオーリチャンネル

金曜日31日の夕刻にかけて、機関投資家が買い貯めてきた円を一部売りに転じ初めてきたことが想定されます。

よって、今回のドル円の急上昇の犯人は機関投資家による円売り

さらに、現在も機関投資家の円ポジション量は多いことから来週にかけても円売りがくる!ドル円は上昇傾向にトレンドが少し変わってきている予想になります。

ちなみに、そんな上昇トレンド変更のなか、Adamが現在保有している買いポジションは以下。

2020年7月31日FX保有ポジション
2020年7月31日FX保有ポジション

ボトムの104.233円から買いでポジション保有を継続していました!o(≧▽≦)o ヤッター!! 瞬間下落してきたときは一部利確するかもしれませんが、もう少し伸ばせるといいな〜・・✨

来週の相場も引き続き頑張っていきましょ〜♪(°▽°)

AdamFXで参考にしている取引手法はこちら⇩⇩⇩

「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」

株をベースに勉強を始めましたが、資金管理の考え方や、取引手法はこちらの波乗りトレードで学びました。

現在はこの建玉操作をFXに応用して取引を行っています。

※投資は自己責任でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました